医療従事経験20年以上の行政書士がサポートするあなただけの尊厳死宣言公正証書(リビングウィル)作成します


今、遺言と同時に作成する人が増えています
あなたは大丈夫ですか?まさかに備えて
尊厳死宣言公正証書を作成しましょう

医療従事経験20年以上の行政書士がサポートするあなただけの尊厳死宣言公正証書(リビングウィル)作成します


 今、遺言と同時に
作成する人が増えています 
あなたは大丈夫ですか?
まさかに備えて
尊厳死宣言公正証書を
作成しましょう

全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像1あなたらしく 全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像2これからの人生を生きるために 全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像3あなただけの 全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像4命の遺言状を遺(のこ)しませんか

HOME

Message

メッセージ

あなたに伝えたい重要なメッセージ


メッセージの目次

  1. なぜ、尊厳死公正証書作成が必要なのでしょうか
  2. 尊厳死公正証書を作成する利点は
  3. あなたへの大切なメッセージ

あなたに伝えたい
重要なメッセージ


メッセージの目次

1,なぜ、尊厳死公正証書作成が必要なのでしょうか
 
2,尊厳死公正証書を作成する利点は
 
3,あなたへの大切なメッセージ


1.なぜ、あなたに尊厳死宣言公正証書が必要なのでしょうか

 
ほとんどの方が人生の最後を
「ピンピンコロリがいい!」と望んでいると思いますが、ピンピンコロリにならないのが長年医療に従事してきた私が経験した現実です。

ピンピンコロリになる人は5%以下という結果もあり、残り95%の人は違う形で最後を迎えることになります。
 
もし、あなたが不治の病にかかり
効果的な治療が残されていない場合に例えば「チューブだらけで胃に穴をあけてまでの延命はいやだな」とあなたはなんとなく考えているのではないでしょうか
 

そのためには何をしたらいいのでしょうか

1.なぜ、あなたに尊厳死宣言公正証書が必要なのでしょうか
 
ほとんどの方が人生の最後を 「ピンピンコロリがいい!」と望んでいると思いますが、 ピンピンコロリにならないのが長年医療に従事してきた私が経験した現実です。

ピンピンコロリになる人は5%以下という結果もあり、残り95%の人は違う形で最後を迎えることになります。
 
もし、あなたが不治の病にかかり 効果的な治療が残されていない場合に例えば「チューブだらけで胃に穴をあけてまでの延命はいやだな」とあなたはなんとなく考えているのではないでしょうか
 

そのためには何をしたらいいのでしょうか

全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像5
その答えは元気なうちに、
自分の思いを表現出来るうちに、


あなただったら、その時にどうしてもらいたいか


証明力ある文書で残しておくことです。
 

それがいのちの遺言書「尊厳死宣言公正証書」です


その答えは元気なうちに、自分の思いを表現出来るうちに、


あなただったら、その時にどうしてもらいたいか


証明力ある文書で残しておくことです。
 

それがいのちの遺言書「尊厳死宣言公正証書」です


2. [尊厳死宣言公正証書を作成する利点は]

 
①公証人が書かれた内容を公的に保証することで、
「より確実に、意思通りに尊厳死の希望が実現すること」

②もしもの時に家族や大事な人が、あなたに代わって
「あなたの今後の命に係わる重大な決断をする必要がなく、
心理的負担を軽減することにつながること」

③警察などの捜査当局に
「医師が捜査や訴追の対象にならない様に
書くことで尊厳死を実現してもらえる様にすること」

④望まない延命治療をしないことで
「医療費などの経済的な負担を回避できること」

⑤意思表示を頼む人がいない場合も、
「あなたの意思を明確に残せること」

⑥公証役場で保管してもらえるので、
「証書の紛失を防げること」

⑦あなたを含め、ご家族の意思決定が明確であれば、
「医師が痛みを取り除く医療を提供しやすくなること。」

2. 尊厳死宣言公正証書を作成する利点は

 
①公証人が書かれた内容を公的に保証することで、 「より確実に、意思通りに尊厳死の希望が実現すること」

②もしもの時に家族や大事な人が、あなたに代わって 「あなたの今後の命に係わる重大な決断をする必要がなく、 心理的負担を軽減することにつながること」

③警察などの捜査当局に 「医師が捜査や訴追の対象にならない様に 書くことで尊厳死を実現してもらえる様にすること」

④望まない延命治療をしないことで 「医療費などの経済的な負担を回避できること」

⑤意思表示を頼む人がいない場合も、 「あなたの意思を明確に残せること」

⑥公証役場で保管してもらえるので、 「証書の紛失を防げること」

⑦あなたを含め、ご家族の意思決定が明確であれば、 「医師が痛みを取り除く医療を提供しやすくなること。」
全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所ホームページイメージ画像6
尊厳死宣言公正証書は


「あなたの人生を生ききるために必要です」

 
例えば厚生労働省の最新の調査では66%の
国民は事前の意思表示に賛成ですが
91.3%の方は事前に書面を作成していません。
出典 人生の最終段階における意識調査 (厚生労働省)
尊厳死宣言公正証書は


あなたの人生を生ききるために必要です

 
例えば厚生労働省の最新の調査では66%の 国民は事前の意思表示に賛成ですが 91.3%の方は事前に書面を作成していません。
 
出典 人生の最終段階における意識調査 (厚生労働省)
厚生労働省の意識調査の結果からわかるように普通は簡単に決断できないことです。
でも、あなたが尊厳死公正証書を作成しなかった場合を一度想像してみてください。
 
人は年を重ねるほど色んな思いは深くなります。

だからこそ、あなたの意思を残すことにすごく意味があります。

 
あなたがもし迷っているとしたら、それは必要な証拠です
 
厚生労働省の意識調査の結果からわかるように普通は簡単に決断できないことです。 でも、あなたが尊厳死公正証書を作成しなかった場合を一度想像してみてください。
 
人は年を重ねるほど色んな思いは深くなります。
 

だからこそ、あなたの意思を残すことにすごく意味があります。

 
あなたがもし迷っているとしたら、それは必要な証拠です

『公証役場を利用したことがないから不安』

『どのように尊厳死宣言公正証書作成をしたらいいか分からない』
 
と言う方も多数いらしゃいますが、当事務所で面倒な事前のお手続きまで、サポートさせていただきます。

あなたは作成当日にお近くの公証役場に行くだけです。


全国対応可能です。

『公証役場を利用したことがないから不安』

『どのように尊厳死宣言公正証書作成をしたらいいか分からない』
 
と言う方も多数いらしゃいますが、当事務所で面倒な事前のお手続きまで、サポートさせていただきます。

あなたは作成当日にお近くの公証役場に行くだけです。


全国対応可能です。

Case Study

依頼事例

全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所依頼事例イメージ画像
 

「将来の人生のゴールの迎え方を自分で決めることが出来ました」(60代 女性)

 普段、将来の自分の最後の時を漠然とチューブだらけになり病院のベットの上で迎えるのは嫌だなと考えていました。しかし、どのようにすればいいか?方法がわからなかった時、たまたま検索したこのホームページで尊厳死宣言公正証書のことについて詳しく知ることが出来き、思い切って作成依頼し、自分自信で満足できる尊厳死宣言の作成が出来ました。ありがとうございました

 
全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所依頼事例イメージ画像
 

「相続や遺言の手続きが出来て安心できました」(70代 男性)

くわしい解説付きエンディングノートを書き進めているうちに『やはり遺言を残しておこう!』と思い立ち、遺言と相続の手続きを行いました。これで備えあれば患いなしになりました。引き続き今後も終活についてアドバイスよろしくお願いします。

 

Q&A

よくある質問

尊厳死とは、簡単に説明すると自らの意思で,医学的な見地から治すことが出来ない状況になって、死期が迫っている場合、延命を行うだけの医療をあえて受けずに人間としての尊厳を害さずに生に終止符を打つことです。
 

尊厳死は”尊厳死とはなんですか?”で説明した通り「現在の医療では治すことが出来ない不治の病にかかり死期が迫っている時に、自らの意思で延命治療をあえて受けずに死を迎えること」ですが、安楽死は薬毒物などを用いて,人為的に死期を早める処置です。現在の日本法律では認めなれていない状況です。
 

尊厳死を希望するときには、まだ自分で意思決定が出来るうちに、「死期が迫った時には、延命をやめてほしい」と、公証人の面前で宣言し、「尊厳死を望む宣言があった」という事実を、公正証書として記録してもらいます。また、尊厳死宣言はリビングウィルとも言われています。
 

公正証書とは法律行為その他私権に関する事実について公証人が作成する公文書のことです。また公証人とは、裁判官や検察官などを永年勤め、選ばれた法律の専門家であり、法務大臣によって任命を受けています。
尊厳死宣言公正証書で作成すると公証人が署名認証(目撃・自認・代理自認)するため、高い証明力と信ぴょう性があります(確実・安心)
また公証役場で原本を作成者本人が120 歳になるまで作成した公証役場に保管されますので、紛失を防げます。

近年、個人の自己決定権(憲法13条の幸福追求権の一部と考えられています)を尊重する考え方の下に、医療の分野でも、治療方法や投薬、手術や治療のリスクなどの医療行為に関する十分な情報を説明し、患者自身に治療方針を選択してもらうという考え方が主流になってきました。回復の見込みない末期状態になった時に、機械に生かされている状況を回避したい、過剰な末期治療による家族への精神的・経済的な負担や公的な医療保険など社会的損失を避けたいと考える人が増えてきた社会的な背景が増えてきたことによります。
 

病状が不治かつ死期が迫っている状態になった場合には、延命処置を拒否し「尊厳死をしたい」という意思表明
どのような状態になれば尊厳死を希望するか?について
どのような延命治療を望まないかについて
• 家族も本人が意思表示した尊厳死宣言の内容について同意をしていること
• 尊厳死を容認した家族や医師に対して、刑事上、民事上の責任を求めないこと
宣言の有効性について本人が正常に意思表示できる状態にあるときに本人が撤回しない限り、その宣言の効力は有効であることについて記載します。
 

不治の状態になった時に何もかもしないことを希望することも出来ますが、あなたが望まない処置だけを選び作成することも可能です。例えば人工呼吸器の装着だけは望まないが、その他の延命処置は希望しますと記述することは可能です。
 

尊厳死宣言公正証書の作成については、あらかじめ家族等や親しい方とよく話し合って、自分が望む意思であることを明確にし、いざその時になって尊厳死に反対しないように家族等や親しい方を説得し理解してもらうことが必要です。また同時に家族等や親しい方が尊厳死について了承していることを客観的に明らかにして、担当医師に安心して延命治療を中止してもらえるようにしておくことも重要です。
 

不治の病といっても、年齢や本人の体力などで病態は常に変化します。死期が迫っているとはどういう状態か?何が延命治療にあたるのかなどは、 医師の医学的な判断となり、死期の判断は担当医を含む医師二名以上の診断が望ましいです。また医師による裁量も認められているため、宣言をしていれば必ず尊厳死できるわけでもありません。しかし、医療現場では9割以上が尊厳死宣言を容認しているため 、元気なうちにあらかじめ尊厳死宣言公正証書をかかりつけの医師等に提示し、事前にその時に備えて理解を求めておくことが必要です。またそれ以上に家族および親族の同意や理解も必要となってきます。
草原大地行政書士事務所では医療従事者目線での尊厳死に迎え方のアドバンスも行っております。お気軽に無料フォームからお問い合わせください。
 

実印(作成者本人名義で印鑑証明されたもの)とその実印の印鑑登録証明書(発行後3か月以内のもの)
 
自動車運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、身体障害者手帳、在留カード(外国人登録証明書)、特別永住者証明書など官公署発行の写真入り証明書(いずれかひとつ、有効期間内のもの)を作成当日に公証役場にお持ちください。
  
尊厳死宣言公正証書の公証役場での手数料
 公証役場でかかる費用は、公証人に支払う基本手数料が11,000円、
正本代が一枚250円(正本枚数で額が変動します)になります。
 
尊厳死宣言公正証書はどこで行うのですか?
全国に各所にある公証役場で行います。公証役場は法務省という国の機関の一部です。各都道府県の県庁所在地を含め、あなたのお住いの地域の近隣にもあります。全国約300か所にあります。そこに在籍する公証人(全国に約500人)に尊厳死宣言公正証書を作成してもらいます。執務時間は平日の午前830分から午後500分までです。
 

作成者本人が希望する内容を基に公証人が作成した尊厳死宣言公正証書原本の内容を公証人が作成者本人の前で読み上げ、内容に間違いがないか確認し、公証人と作成者本人が署名と捺印(押印)します。その後、原本に基づき作成した正本(作成者本人保管分)が本人に渡されます。その後、尊厳死宣言公正証書が必要になる事態になった時は、この正本を医療従事者に提供および閲覧してもらうことになります。
 

尊厳死宣言公正証書は、公証人がご本人と直接面談し、その意思を確認し、慎重に作成する必要があるため代理人による作成はできません。
 
しかし、あなたの両親や家族が尊厳死宣言公正証書作成を希望する場合は、草原行政書士事務所にご相談ください。作成者本人の意思確認可能な状態であれば原案作成支援は可能です。(※原案作成後は家族ではなく、作成を希望するご本人が公証人と面談する必要があります。)
 

その場合には公証人の出張に費用がかかりますが、公証人があなたのいる病院等に出張してくれます。(公証役場の事前の予約が必要です)
また、公証人に自宅や病院へ来てもらって作成する場合にも、手数料が50%加算され、日当(一日1万円。4時間以上は2万円)と交通費も支払います。
全国どこの公証役場を利用できますが、出張は作成依頼する住所地の都道府県単位での対応になります。公証人は他の都道府県には出張できません。
 

尊厳死宣言公正証書は、民法で認められた制度ではないので、任意後見契約や遺言(遺言は遺書ではありません)の中に入れることはできません。ですので、別に作成する必要があります。尊厳死宣言公正証書と公正証書遺言を同時に作成依頼すれば、将来の不安と手間も減ります。任意後見制度と遺言や相続についても、お気軽に無料フォームから草原大地行政書士事務所にご相談ください。
 

はい、本人が正常に意思表示できる状態なら、いつでも尊厳死宣言は撤回または破棄することが出来ます。
 

このような形式の紙面で作成されます。偽造を防ぐために割り印や公証人の署名もされますので、本人の意思を示すのに非常に信ぴょう性と証明性が高いものになります。
 
全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所尊厳死公正証書見本

Profile

プロフィール

私がなぜ尊厳死宣言公正証書作成をサポートしようと思ったか?

 

  • 平成10年 診療放射線技師免許取得 同年 病院勤務開始 
  • 平成30年度 行政書士合格
  • 令和元年 行政書士登録

 

私の理念

私は夜間休日問わずに救急病院のスタッフとして20年以上働いてきました。医師や看護師ではないですが、その間に医療従事者として色々な方の人生最後の時を体験させていただきました。私自身も親族の死、友人の自死、これまでの医療従事者としての経験をもとに人生最後の時迎え方を深く考えるようになりました。私は延命治療反対の立場ではありません。延命治療を行っている本人を一生懸命に大切に長生きしてほしいと、お世話している家族なども沢山見てきており、回復を願い愛しくお世話をしている光景をみて感動すらしたこともあります。でも、残念ながらその逆の光景や体験もあります。あなた自身が自分の人生の最後をどのようにするか決めることも日本国憲法が定める「自己決定権」のひとつです。また明確に決めないことも家族にまかせることも内心の自由で尊重されなければいけないことだと思います。超過高齢化少子多死社会が日本では近いうちに必ずやってきますが、まだ日本には尊厳死に関する法律はありません。救急医療従事経験者であり、また行政書士である私ができること「私の医療現場での経験を生かし、平穏に自然な状態で人生最後の時を安らかで満足に迎えるための意思決定を支援することにある」と感じています。「人生をどう生ききりたいか」を含め、あなたの終活を私に支援させてください。
 

代表 / 草原大地

 

Service

取扱業務

初回相談は無料です

無料相談フォームからお問い合わせください。無料相談は24時間全国対応です。必要事項をご記入のうえ 
 
[無料相談フォームを送信する]
ボタンを押してください。
 

尊厳死宣言作成サポート

あなただけの思いが伝わる尊厳死宣言作成サポート。人間としての尊厳を保った自然な死を迎えるための尊厳死宣言の作成を出来るだけあなたのお気持ちを大切にさせていただく形で作成サポートさせていただきます。
 

遺言作成、相続サポート

草原行政書士事務所では老後を快適に
過ごすために遺言作成、相続なども
サポートを行っております。 
 
 
 
 

「老いじたく」始めませんか?

老後を快適に過ごすための生前に以下のものを準備しましょう。
①遺言公正証書
②財産管理等委任契約
③見守り契約
④任意後見契約
⑤死後事務委任契約
⑥尊厳死公正証書作成
具体的には上記の業務取り扱いを行っています。お気軽にお問い合わせください。

Ending Note

エンディングノート(サンプルダウンロード)


下記をクリックでエンディングノートのサンプル版をダウンロードいただけます。
 
正式版をご希望の方はダウンロード資料の最後にありますリンクをクリックして申し込みページへお進みください
 

office

事務所概要

事務所名

草原大地行政書士事務所

運営責任者

行政書士 草原大地(くさはら だいち)

所在地

大分県大分市京が丘南2-13-1

お電話でのお問合せ

050-5372-4552

通常は電話でのお問い合わせを行っておりません。電話でのお問い合わせを希望の方は無料相談フォームで電話相談希望を選択してください。

メールでのお問合せ

kusaharadaichi@oct-net.ne.jp

所属

大分県行政書士会 大分東支部所属

日本行政書士会連合会 登録番号 第19442562

LINE@

ライン友達登録

全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所LINE@友達登録説明
 
友だち追加
 
全国対応ができる尊厳死公正証書作成の草原大地行政書士事務所LINE@登録QRコード
LINE@でもお問い合わせができます。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせと、1回目のご相談は無料です。
 
また、友達登録で

「遺言書の必要チェックリスト」

を無料でプレゼントさせていただきます。
 
友だち追加
 
お気軽にお問い合わせくださいませ
このフォームからのお問い合わせは無料365日24時間全国対応です

Scroll